妊活中に喫煙・お酒(アルコール)・カフェインは摂取してもOK?

タバコやお酒、カフェインなどの嗜好品を好む人は少なくありません。

ただどれだけ好きであっても、妊活中や妊娠中は避けた方が良いイメージがあるのではないでしょうか?今

回はタバコなどの嗜好品を妊娠中は絶対に避けなければいけないのか、控える程度で良いのか、また我慢出来なくなった時の対処法などについて調べてみました。

タバコは妊活中も妊娠中もNG

「タバコは百害あって一利なし」と言われるほど、体に悪い影響を及ぼします。

もちろん妊活中も妊娠中も避けなければいけません。赤ちゃんがお腹の中にいない時期なら大丈夫かと思いきや、喫煙する事が不妊の原因になるのです。

タバコを吸うと体内にニコチンが吸収され、そのニコチンが卵巣の女性ホルモンの産生を抑制し、卵巣の機能を低下させます。

自然妊娠はもちろん、体外受精に関しても卵胞の発育不全や受精率の低下、着床率の低下などによって成功率が下がります。

そして妊娠中の喫煙は赤ちゃんにダメージを与えます。ニコチンの作用により血流量が減少するため、赤ちゃんに必要な酸素や栄養素が上手く行き渡らなくなります。

またタバコの煙に含まれる一酸化炭素が血中に移行すると酸欠状態になってしまいます。その結果、流産や死産、早産、さらに先天奇形のリスクも高くなります。

妊娠中のお酒の限度は不明

妊娠に気付かずお酒を飲んでいたという事はよくあります。

赤ちゃんに悪い影響があるのではないか?と心配になりますが、その時点で心配しても仕方ありません。まずは主治医に飲酒頻度を正直に話し、妊娠に気付いた時点でお酒は控えるようにします。

実際、妊娠中はいつまで、どれぐらいの飲酒量なら大丈夫といった基準は設けられていません。

妊娠を知らずガブガブと飲んでいても健康に子供が生まれてくる事もあれば、それほど飲んでいなくても赤ちゃんに影響を及ぼしてしまう事もあるのです。

妊娠中の赤ちゃんへの影響としては、胎児性アルコール症候群が懸念されています。胎盤を通じてアルコールがお腹の赤ちゃんに入る事で特徴的な顔貌や発育の遅れ、中枢神経系の障害などが現れます。

妊娠初期のみならず、中期でも後期でも影響を及ぼす可能性があるため、タバコ同様お酒も控えなければいけません。

カフェインは摂り過ぎに注意

カフェインに関しては、飲みすぎ無ければ妊活中も妊娠中もそれほど心配する必要はありません。

控えた方が良い理由は、まず妊活中はカフェインの利尿作用により子宮が冷える事、また目が冴えて眠りにくくなるため生活習慣が乱れて妊娠しづらくなると考えられています。

一方、妊娠中のカフェイン摂取は、赤ちゃんの体重増加を妨げるリスクがあります。

そもそもカフェインには血管を収縮させる作用があり、妊娠中は胎盤の血管も収縮させてしまいます。

つまり赤ちゃんに十分な血液が行きわたらず、思うように体重が増えていかなくなるのです。

ただコーヒーを一杯程度飲んだからといって赤ちゃんが成長しないという訳ではなく、飲み過ぎない程度なら問題ありません。

妊娠を考え始めた頃から禁煙、禁酒を意識する

タバコとお酒は妊活中、妊娠中は控えるべき嗜好品です。

特に妊娠初期は赤ちゃんの大事な器官が形成される時期ですが、妊娠に気付かずニコチンやアルコールを体内に取り込んでしまうリスクが高いです。

リスクを減らすには、やはり妊娠を考え始めた頃から禁煙や禁酒を意識しなければいけません。

ヘビースモーカーだった人にとっては急に禁煙するのは難しい事です。いきなり0本を目指すのが大変なら、少しずつ量を減らす節煙から始めるようにします。

可愛い子供の誕生のために代替品で乗り切ろう

禁煙や禁酒でイライラしても、可愛い子供の誕生を願い、自分で何とか制御するしかありません。

タバコの代わりにガムや飴、ビールの代わりにノンアルコールビール、さらにノンカフェインのコーヒーなど代替品を上手く活用するのも乗り切る方法です。ただストレスも禁物です。

自分へのご褒美として、息抜きや何か熱中するものにお金を使っても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です