子作りのタイミングは?いつからがベスト?妊娠しやすい時期は?

子供を授かりたいと考えているけれども、どのように子作りすればよいのか分からないという悩みを抱えているカップルは意外と多いのではないでしょうか。

子作りを始めるタイミングと、妊娠しやすい時期を知っておくことで、妊娠する確率は大きく高まるため、以下では具体的に子育てに必要な情報について紹介することにしましょう。

子作りを行うタイミング

まず子作りの成功率を高めるためには、妊娠の仕組みについて知っておくのが重要です。

妊娠するためには、男性の精子が女性の卵子と結合しなければならないという事実はたいていの方が知っているはずですが、意外に知られていないのは精子と卵子が出会えるタイミングは基本的には排卵日の前後に限られているということです。

ただし、女性の身体は非常にデリケートにできており、排卵日の正確な予測は医学が進歩した現代においても容易ではありません。

そのため、経験則的に排卵日が来そうな時期になれば子作りの回数そのものをいつもよりも増やしてみるといった工夫が必要となります。

子作りのタイミングを知るには?

次に、子作りのタイミングをどのように知ればよいのかについて見ておくことにしましょう。

前述のように、子作りに適したタイミングは排卵日の前後であるわけですが、その正確な予測は簡単ではありません。

排卵日の把握を確実に行えるわけではありませんが、基礎体温表を付けたり、排卵日検査薬を使うことによって精度を上げることは可能です。

ほとんどの女性はだいたい決まった周期で排卵日が訪れますので、普段から基礎体温表をまめにつけておくようにしましょう。

また過去の経験からそろそろ排卵日が来そうだと思ったら、検査薬を使って確認するといったやり方を行えば高い確率で排卵日を特定できるでしょう。

子作りのベストタイミングとは?

日々仕事に追われている中でそんなにしょっちゅう子作りできないという悩みを抱えているカップルの方にお役にたてるように、ここでは子作りを行うベストなタイミングを紹介しておくことにします。

子作りのベストタイミングは、ずばり排卵日の2、3日前です。ときどき、排卵してからの方が精子が卵子に到達しやすいと思い込んで、排卵日後に一生懸命子育てに取り組もうとするカップルがいます。

しかし、排卵日後はむしろ妊娠確率は低下していくためあまりお勧めではありません。

むしろ、排卵日前に精子を女性の体内に送り込んでおけば、排卵して間もない鮮度の高い卵子に精子を接触させることで妊娠確率を高めることが可能になるのです。

もっとも、あまりに早くしすぎると精子が死んでしまいますので、タイミングを選ぶのであれば排卵日の2、3日前を選ぶようにするとよいでしょう。

子作りのおすすめ頻度とは

欧米人に比べて日本人は性行為を行う頻度が少ないと言われることが多いようです。

そのため、子供を望む多くのカップルにとってどのくらいの頻度で子作りに取り組めばよいのかというのは頭の痛い悩みかもしれませんが、結論から言うと多ければ多いに越したことはありません。

とはいえ、そこまで時間も体力もないという方が多くいることは理解できますので、そのような方にお勧めなのは排卵日の3日前から排卵日にかけてはなるべく毎日頑張るようにし、それ以外はお互いの気分次第に任せるようにするという方法です。

これだと無理なく子作りに取り組めるはずですが、あまりに頻度が少なくなりすぎると機械的に子作りを行っているだけのような状態に陥る可能性があるため、適度な頻度を心がけるとよいでしょう。

子作りのタイミングが合えばどの程度の確率で妊娠できるのか?

これまでに子作りのベストタイミングについて見てきたわけですが、そのタイミングで子作りを行ったとしても妊娠できる確率はそれほど高いわけではありません。

妊娠確率は女性の年齢によってかなり違いがあるのですが、もっとも確率の高い29歳以下の女性の場合でも30パーセントから50パーセントにすぎないというのが事実です。

そのため、一度で妊娠できなかったとしてもがっかりせず、繰り返し取り組むことが重要です。

子作りのポイントとは?

子作りにおいてはタイミングを合わせることも重要ですが、それ以外に夫婦の気持ちを一つにすることも忘れてはなりません。

相手の気持ちを尊重せずに機械的に子作りを行うだけの毎日を過ごすようなことになってしまえばせっかくの妊娠も味気ないものになってしまうおそれがあり、その後に待ち受けている子育てに夫婦協力して臨めなくなってしまうかもしれません。

そのようなことにならないよう、子育ては必ず相手の気持ちを確かめながら行うようにしましょう。

子作りはタイミング次第

以上で見えてきたように、子作りの成功確率を高めるためにはタイミングを見計らうことが非常に重要です。

そのためには、妻だけでなく夫の側も妻の排卵日を正確に把握するように心がけ、その2、3日前から積極的に子作りに励むことがポイントとなります。

子作りを行う際には機械的に行うのではなく、必ずパートナーの気持ちを確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です