子供が欲しくない人の心理とは?

子供が欲しくない人の心理とは?もしかして外で浮気してる?

結婚はしたいけど、子供は欲しくないという人が増えています。

子供が大好きな人にとって、子供を望まないパートナーの気持ちが理解できないかもしれません。

しかし、考え方は人それぞれであり、幸せの目指し方には様々な形があるのです。相手の本音や心理を知ることが、問題解決の糸口を見つけるヒントになります。

今回は、子供が欲しくない人の心理を紹介しましょう。

将来の経済面を心配している

親は子供を育てる義務があります。

子供は勝手に育ってはくれません。

幼稚園から大学までにかかる養育費は、2000万円以上とも言われています。オール公立ならば約1000万円ですむ場合もありますが、それでも子育てに多額の費用が必要なのは間違いありません。

経済的に余裕がない夫婦の場合、自分たちの生活だけで精一杯でしょう。

子供が大好きでも、経済面に不安があると心に余裕がなくなり、子供を作ることに前向きになれなくなってしまうことがあります。

夫婦2人でゆっくり暮らしたい

子供ができると、私たちは親になります。親になれば、子供中心の生活になり、1日のほとんどの時間が子供を中心に回っていくでしょう。

そうすると、結婚当初にくらべ、夫婦でゆっくりと過ごす時間は取れなくなってしまいます。

子供ができる前は、お互いの休みの日は家でゆっくりしたり、どこかにデートに行ったり、夫婦2人だけの時間を思いっきり楽しむことができたでしょう。

子育てに休日はありません。子供ができ、育児の時間が増えれば、女性は旦那よりも子供と過ごす時間を優先するようになっていくはずです。

いつまでも夫婦の時間を大切にしたい、子供に振り回されずゆっくり暮らしたいと考えている男性は、子供が欲しくないと考えてしまうことがあります。

子供が好きではない、可愛いと思えない

親にとって我が子は特別可愛いもの。

しかし、価値観は人それぞれで、中には子供が好きではない、可愛いと思えないという人もいます。子供は良くも悪くも正直で、思ったことをそのまま口や態度に出してしまうことが多いです。

子どもの正直すぎる言葉に傷ついて、子供が嫌いになってしまう人もいます。また、子供が好きじゃない場合、子供と上手くやっていけるか、十分な愛情を注ぐことができるのかという不安もあるでしょう。

子供が好きじゃない、苦手という理由で子供を欲しくないという人は多いようです。

子供を立派に育てる自信がない

子供は欲しいという気持ちはあるけど、子供を立派に育てる自信がないという人もいます。

「子どもは親の背中を見て育つ」と言いますし、親のしつけ方によって、子どもの性格や考え方というのも変わってくるでしょう。

子供を一人前の大人に育てる、それは並大抵のことではありません。

「自分では良い父親になれないかもしれない」、そのような自信のなさが、子供が欲しくないという心理に繋がっていくこともあります。

自分1人の時間を確保したい

子供ができれば、自分の時間がなくなってしまうと心配している人もいます。子育てというのはとてもシビアなもの。

子供が小さいうちは、24時間目が離せず、寝る時間もままならないということもあります。1人の時間を楽しめるはずの休日ですが、子供ができれば休みの日は子供の相手をしないといけません。

子供ができて、趣味を楽しめなくなったという人は多いです。子供ができて自分のための時間を十分に確保できなくなれば、やりたいことがあっても諦めなければならないことも出てくるでしょう。

自分だけの時間を大切にしたい、自由な時間が欲しいという人は、子供が欲しくないと考えてしまうことがあります。

浮気・不倫をしていて、子作りどころではない

レアケースかもしれませんが、夫が浮気・不倫をしていて子作りを考えていないケースもあります。

もし日頃の夫の行動に不審な点がある場合は、浮気の可能性があります。

浮気調査は素人がやってもノウハウがないのでほぼ失敗すると言われています。

どうしても気になる場合は、プロの浮気探偵社に依頼すると調べてくれます。

夫婦で話し合うことが何よりも大切

子供を作るためには、お互いの心が1つにすることが大切です。パートナーが子供を欲しくないというのであれば、夫婦で話し合いをする必要があります。

パートナーは、何かしらの子供を欲しくないという理由があり、悩んでいます。

まずはなぜ子供が欲しくないのか、その理由をしっかりと知り、パートナーの気持ちに向き合い、お互いが納得する答えを見つけ出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です