葉酸はいつから摂るのが望ましい?葉酸の働きや妊娠との関係を徹底解説!

妊娠初期に葉酸が必要な事は幅広く知られています。

周りに勧められて摂取し始めたという人もいるかもしれませんが、そもそも葉酸は妊娠とどのような関係があり、どんな働きをしてくれるのでしょうか?

今回は葉酸の具体的な効果や必要摂取量、葉酸が多く含まれる食品、そしていつから摂取すべきかなどについて調べてみました。

葉酸は妊娠前から摂取する事が大切

妊娠中に葉酸が必要な事はわかっていても、いつから摂取すべきなのか不明瞭になっていると意味がありません。

妊娠がわかったタイミングで摂取し始めても、本当に必要な時期が過ぎ去っている可能性もあります。

実は妊娠において葉酸がもっとも必要な時期は妊娠する1ヶ月前から妊娠3ヶ月目となります。

妊娠前から摂取が必要な理由は、赤ちゃんの臓器形成がこの期間に行われるためです。

妊娠超初期の頃は妊娠検査薬で確認する事は出来ません。

また日頃から生理周期が乱れがちな人の場合、少々生理が遅くなっても妊娠しているとは気付かない可能性もあります。

本当に必要な時期に葉酸を摂取するには、妊娠を意識した時から意識して摂っていくようにしなければならないのです。

どのような効果があるのか

母子手帳にも葉酸の必要性が書かれていますが、それにはいくつかの理由があります。例えば葉酸には、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果があります。

神経管閉鎖障害とは、赤ちゃんの脳や脊椎が作られる際に重要な神経管が塞がる事で発生する障害で、具体的な病気として無脳症や二分脊椎などが知られています。

葉酸は赤ちゃんの細胞分裂をサポートする役割も担っているため、妊娠初期に必要量の葉酸を摂取しておくと神経管閉鎖障害のリスクが下げられます。

摂取しておけば100%防げるという訳ではありませんが、大幅にリスクを減らせるため妊娠前からの葉酸摂取が推奨されているのです。

また葉酸は子宮内膜を強くして受精卵の着床を助ける効果があるため、妊活中の女性にも大きな効果を発揮してくれます。

妊活中や妊娠初期に特に必要とされている葉酸ですが、妊娠中期や後期の妊婦にとっても大切な栄養素となります。

妊娠中は貧血になりすく、自分自身の体調が悪くなるのはもちろん、赤ちゃんへの栄養の供給も足りずに流産してしまう恐れもあります。

葉酸は造血作用もあるため、貧血を予防する意味でも妊娠中は常時意識して摂っておきたい成分なのです。

葉酸の必要摂取量とは

日本人女性の葉酸の推奨摂取量は通常は1日あたり240μgですが、妊活中や妊娠中は普段より多く摂取する必要があります。

最も葉酸が必要な時期となる妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月の間は食事から240μg、サプリメントから400μgの摂取が推奨されています。

また妊娠中期や後期は食事から240μg、サプリメントからも240μg、出産後の授乳期は食事から240μg、サプリメントから100μg摂取していくのが目安となっています。

葉酸を多く含む食品について

葉酸が多く含まれているのは、ほうれん草やブロッコリーなど緑の濃い野菜、うなぎやレバー、納豆、海藻類などが挙げられます。

普段から栄養バランスを考えた食事をしていると、葉酸不足になる事はまずありません。ただ妊娠初期は普段よりも多く葉酸を取り入れる必要があります。

食事から必要な葉酸を全て摂取するのが理想ではありますが、葉酸は水溶性で水や熱に弱いという性質があるため、調理段階で葉酸の栄養素は半分近く分解されてしまいます。

つまり推奨摂取量の400μgを食事から摂取するのは現実的に難しいのです。

また妊娠初期はただでさえ悪阻に悩まされる人も多いです。

水でさえ戻してしまうという状況で、葉酸を多く含む食品を考えながら料理をして食事をとるのは困難です。そのため必要な量の葉酸を摂取するために葉酸サプリが推奨されています。

葉酸サプリは吸収率も高いので、必要な量をしっかりと体内に取り込む事が出来ます。

サプリによって色々な工夫がされており、葉酸以外に必要な栄養素を摂取できるものもメリットと言えます。

妊娠を意識した時から葉酸を意識しよう

妊娠したいと思って、誰もがすぐに妊娠出来る訳ではありません。

ただ妊娠が判明してから葉酸を摂取するのでは遅すぎます。葉酸は体に必要な栄養素であるため、例え妊娠していない時期に摂取していても問題ありません。

妊娠中は何かとナイーブになる時期でもあり、少しでも心配材料を減らす意味でも葉酸は効果的な栄養素なのです。